森機応変

しんきおうへん

MAP / PEOPLE

2024.04.03

ミチのムコウ

“ミチのムコウ” は、丹波篠山市を中心に「人・農業・自然」のサステイナブルな関係の完成を目指すメンバーによって2021年にスタートしたプロジェクト。

日本各地の里山が荒廃し、耕作放棄された農地が増えつつある状況の中で、里山の活性化に向けて自然環境と調和した持続可能な生き方を実証する。

今ある資源を未来へつなげ、「100年後も続く里山モデル」を確立したいと、想いを共有する人々が集まっています。

2022年には「100人ではぐくむ名前はまだ無い日本酒」プロジェクトでは、高齢化により続けるのが難しくなった農地や、一部休耕田になっていた農地に酒米の五百万石を植え、そのお米で新たなお酒を仕込む、地域に密着したお酒造りに挑戦。

お酒が好きな方、里山の空気を味わいたい方、子どもや孫に体験をさせたい方など、多様な方々が全国から参加。田植えや稲刈りはもちろん、クワで畦塗りをしたり、竹を切り出して稲木を組んだりといったニッチな作業や、畑で黒枝豆を茹でて食べるといった里山ならではの楽しみも味わった。

求めているのは生徒さんではなく、いっしょにプロジェクトを前進する仲間、プロジェクトのメンバーです。卒業がゴールではなく、同じ価値を理解し、共有し、将来にもずっと、お互いを大切な仲間として認め合う関係を。

1年間で11回のカリキュラムでは、実際に圃場(田んぼ、畑)で土に触れ、川に山に学び、立体的に「環境と人間活動」の構造を学ぶ。

ミーティングでは、こういう耕作放棄地がうまれたのか?田んぼや里山ができた歴史を学ぶ時間も。

「参加者の声」

吉良さんから聞いてわかる知識はありますが、それだけではなくて、みんなで作業をしながら、考えて動きながらお互いの事を(参加する皆さん)知っていき、この団体の一員として自信が持ててくる。

楽しくてすごく刺激をもらえる農プログラムです。

吉良さんご本人から・・

ミチノムコウは、林業農業とかをがっつり!というよりかは、“生活寄りに農を身につけたい”山をまず知ってみたい“という方が集まれるフィールドをつくっています。

一点で深堀するかというよりかは、里山って広いけれどちゃんと繋がっていることを肌感でわかるような内容を大切にしている。

稲刈り・農業体験!だけでなくて、1年を通じてお酒が出来るまでの農業〜製品完成までの繋がりを大切にしている。

まずは入口を開放的にひろくとりつつ、そこから何かをするにあたって段階的に進んでいける場所にしていきます。

【ミチのムコウ】
669-2132
兵庫県丹波篠山市今田町上小野原459-5
michinomukou2022@gmail.com


play 一覧に戻る