森機応変

しんきおうへん

MAP / PEOPLE

2024.03.23

麒麟の森づくり

令和3年度より、丹波篠山市役所森づくり課森づくり係が主導し、県有環境林において里山づくり研修を行っています。令和5年度の研修内容としては、人工林、二次林、竹林の整備方法を、実際にチェーンソーやノコギリを使い研修しました。

人工林では、手入れの行き届いていないスギ・ヒノキ林で、どのような手入れをすべきなのか、伐採する木の選木はどのように行えばよいのかなどを学び、二次林でも選木等の考え方の研修に加え、薪づくり体験研修を行いました。また、二次林では伐るだけでなく、その後の森づくりの考え方についても研修しました。竹林では、高伐り等の整備方法やその効果、伐った竹の活用方法について研修しました。

県から委託を受けて管理している同地区にある高城山西側の山林「小多田特定用地」の一部を「麒麟の森」と位置付けています。生息する、ピンク色の花を咲かせるコバノミツバツツジなどを生かした美しい里山を目指しながら、森づくりに関心のある市民を増やすモデルケースにしたいという考えがあり、“森づくり”だけでなく、“人づくり”も目標とし、地域の里山がより良い里山になることを目指して、参加いただいた皆様が各地域で里山づくりを実践していただけるよう研修を行っています。特に、参加者同士が出会える場、情報共有の場として機能するように心がけて行っています。

令和5年度では、全5回の研修が行われました。今回は「全体の振り返り、意見交換」を行なった第5回を取材しました。当日は大雨の影響で現場研修はできませんでしたが、座学として森林の機能や環境への影響などを、森林インストラクターの維田さんから学びました。参加者は積極的に質問をしたり、意見を述べたりするなど、第5回の振り返り回ということもあり森林への関心や理解が深まっているように見えました。

今年度行われた全5回に参加された中川さん兄弟にお話を伺いました。今回の研修を通して、地域の森について何が問題なのかを明確化することができた、また各回の研修を通して自分自身のスキルアップもすることができた、とおっしゃっていました。また参加者の中には、林業を本業、副業としてキャリアの長い方もいらっしゃったので、その方達と繋がれたことも参加してよかったことの一つとおっしゃっていました。

【麒麟の森づくり事業】
〒669-2397
兵庫県丹波篠山市北新町41(第2庁舎 2階)
丹波篠山市 森づくり課 森づくり係
☏079-552-1117
定休日:土・日・祝日


play 一覧に戻る